返済の遅延は危険

学生ローンは、名前こそ学生とついていますが、お金を借りているのですから、そこに甘えは一切通用しません。テスト期間でアルバイトが出来なかったので返済できなかったという理由や、インフルエンザにかかってしまったり、交通事故で入院していたりといった理由での返済遅延だったとしても、学生ローン会社からしてみれば、個人の状況は一切関係ありませんので、返済は余裕を持ってできる金額設定をする他、借りるお金も本当に返済が可能な金額にする事が必要になります。

もし何らかの理由で返済できない場合には、ペナルティとして遅延損害金を払わなければならなくなってしまいます。これは、通常の利息よりもはるかに高い利率となってしまいますので、かなりの経済的な負担になるのは間違いありません。また、遅延損害金は返済が遅れれば遅れる程高くなってしまいます。そもそも遅延損害金は日割計算となっておりますので、なるべく早く返済するようにしてください。

また、返済がおくれ滞納してしまうと滞納歴が信用情報機関のデータベースに登録され、ブラックとなってしまうことがあります。一度ブラックとして登録されてしまうと、登録されてから5年間はローンが組めなくなってしまいますので要注意です。

借り入れに必要なこと

借り入れに必要なことは、どの学生ローンを利用するかをしっかりと検討する事です。同じような学生ローン会社でも、お金を借りる事で発生する利息は全然違います。毎月の支払いは僅差でもトータルで支払わなければいけない金額は変わってきますので注意が必要になります。

また、利息以外にも借入する条件は学生ローン会社によって異なります。その為、自分が借りる事ができる学生カードローン会社であるか否かを事前に確認する事が必要になります。特に20歳未満の方の場合には、大学生であったとしても利用できる学生カードローン会社は少なくなっておりますので注意が必要になります。

学生カードローンを利用する条件に、アルバイトなど定期的に働き収入を得ている事が条件の学生ローン会社が多いのでしっかりと定期的にアルバイトを行っている必要があります。休日だけ日雇いのアルバイトや短期で働いているようなアルバイトでは利用する事が出来ない場合がありますので、将来的に学生ローンを借りるような場合には、アルバイトを定期的に働ける環境を造っておく事も重要になります。他にも細かい条件がありますが、今回紹介した内容をおさえておけば、学生ローンを利用できる確率があがりますので、ぜひチャレンジしてください。

学生ローンは利用がしやすい

大学生や専門学生の方は、勉強はもちろん大事ですが、それ以上に生活を安定させるのに必死になっている方も多いと思います。入学金などは奨学金で何とかなっていても、新しい教科書代や一人暮らしの家賃、生活費、友達との旅行や飲み会などお金がかかる事が沢山あります。学校が忙しくてアルバイトが出来ないような場合には、学生ローンを上手に利用する事が重要になります。

この学生ローンとは、名前の通り学生さんをターゲットにしたローンです。学生ローンは学生だったら誰でも良いわけではなく、一般的な学生ローンの多くは20歳以上の大学生、短大生、専門学生の中でも定期的にアルバイトをしている方に対してだけ貸し出すようになっていますが、中には18歳以上をターゲットにしている所もあります。しかしながら18歳以上でも高校生の場合には、利用できないのは変わりません。

学生ローンを利用する条件の定期的にアルバイトをしているという条件は、週に5日などかなりの頻度でアルバイトに入っていれば審査に通りやすいと思いますが、そこまでの頻度で入っていなくても定期的に同じ職場でアルバイトをしていれば審査に通る学生ローン会社は沢山あります。逆に大金を稼いでいても、短期のアルバイトで合ったり、日雇いのアルバイトや複数のアルバイトを少しずつはしごして働いているような場合には、審査に通るのは難しいと言えます。

このように学生さんがお金を借りるには学生ローンがぴったりです。そこでこちらでは、学生ローンを利用する為に覚えておいて欲しい情報をご紹介します。